投資 0からのスタート

2018年 IPO株を狙いなら知っておきたい証券会社5選

利益が出る可能性の高いIPO株で、当選するためには、抽選の機会を増やすことが大事になってきます。
その中でも主幹事証券会社から抽選に参加すると当選確率が高くなります。
IPO株を買う際にはどの証券会社からエントリーするかというのも大切な要素になるということです。
今回は2017年版を紹介しますが、過去三年間を見ても今から紹介する証券会社はトップクラスの実績を残しています。
IPO株を狙っているけど毎年抽選に当たらない、初心者の方でIPOに興味のあるあなたにおすすめの証券会社です。

 

1.SMBC日興証券

SMBC証券は2017年に幹事証券を務めた回数が74件と、2位の実績を残しています。。
主幹事証券を務めた回数が13件と4位の実績を残しています。

 

2.SBI証券

SBI証券は2017年に幹事証券を務めた回数が85件と、1位の実績を残しています。。
主幹事証券を務めた回数が8件と5位の実績を残しています。

 

3.野村証券

野村証券は2017年に幹事証券を務めた回数が40件と、5位の実績を残しています。。
主幹事証券を務めた回数が28件と1位の実績を残しています。

 

4.大和証券

2017年に幹事証券を務めた回数が43件と、4位の実績を残しています。。
主幹事証券を務めた回数が16件と2位の実績を残しています。

 

5.みずほ証券

2017年に幹事証券を務めた回数が63件と、3位の実績を残しています。。
主幹事証券を務めた回数が15件と3位の実績を残しています。